門番の駆動部は、高い耐久性を誇るサイクロエンジンで巻き取りドラムを直接駆動するSDシステムを全機種に採用。
サイクロエンジン内部の減速機は、一般に使用されるインボリュート歯車式のものに比べ、歯車の負担が極めて少ないため、高頻度で開閉するシートシャッターにおいて歯車の摩耗や折損が原因による落下事故の心配も無い安全な構造です
日本国内累計販売台数75,000台の実績です。

門番とは工場・倉庫の出入り口に取り付る事の出来る、自動で高速開閉する
シートシャッターです。
門番はスチールシャッターの約20倍、1時間あたり100回もの高速開閉に応え
るスピードと耐久性を実現。
さらにインターロック運転により室外からの異物混入・環境変化を最小限
に抑える事ができます。

<シートシャッターとは>
工場や倉庫の出入り口に取付ける、高速自動開閉するシートのシャッターです。
シートシャッター販売実績業界 No.1
食品・薬品・印刷・樹脂・物流・倉庫・機械・金属・精密機械:各種工場で使用実績あり

■高速自動開閉

     インテリジェントセンサーを使用して、
   センサーが人や物体を感知すると瞬時に
   シャッターが上がり、人や物体が通過後
   自動的にシャッタが下がります。

■インターロック運転
防虫・防塵にすぐれ、省エネ効果も抜群の理想的システムです。

2台の門番で前室を作り、インターロック機能をつかうことで門番は交互に運転します。
空気の流れを遮断し、室内の環境変化を最小限に抑えます。

■サイクロンエンジン/SDシステム  抜群の信頼性と耐久性
この減速器は1926年ドイツのローレンツブラーレン氏によって発明され、これをベースに当社の技術陣のアイディアにより門番専用機として開発された信頼性の高いシステムです。


■各部の名称